スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイの成績というもの

今日、またPhDの人と話していた(正確には飲んでいた)(大学の近くに安いパブがあって、1パイント2ポンド以下(300円以下)で飲めるので)のですが、エッセイのMeritとDistinctionってどのくらいすごいのかと聞いてみました。
彼女の意見だと、PassとMeritの間には厳然たる差があり、Meritはすごいこと、Distinctionはもちろんすごいけど、Meritとの間にはpassほどの差はなく、いわばMeritのオマケ、だそうです。
たぶん大学やスクールによってもこの辺は違うので、これはあくまで一例だと思いますが。

何でそんなことを聞いたのかというと、UKの子がFacebookで、同級生の子の64(Pass with Merit)に対して、「もちろんいい点だけど、あなたにそんな低い点をつけるなんて。」とコメントしていたので、ええーっ、Meritって普通?!と思って。PhDの人は「ありえない!!」と言っていました。以前、他のUKの学生にも聞いたのですが、「ええーっ!」と私と同じ反応でした。よかった。それにしても、そのUKの子達は一体何点くらいを期待していたのかは気になります。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。