スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Outcome, Performance and Resources(1)

私はノートPCのキーボードが好きでないので、以前使っていたMac(私は本来マックユーザーなのですが現在やむなくマイクロソフトの軍門に下っております)のキーボードをUSBにつないで使っています。設定も不要ですが、パソコンがこちらのものなので、対応キーが微妙に違います。特に()がずれているのでよく間違えます。うーん。

さて、以前の授業も書いていませんが、まだ覚えている方から書いた方が多少はマシと思うので、3月中旬にあったOutcome, Performance and Resources(必修)の授業を。今までは5日間のうち、前半2日・後半3日のパターンだったのですが、ここからは前半が3日になりました。どっちにしろ3日連続はしんどいですけど。

この授業はPeter Watt、Philip WhitemanとMartin Willsの3人の先生が担当します。初日は終日、Watt先生でした。彼はファイナンスの専門で、エコノミストと自分を紹介していました。なので、内容も経済学の観点からの話が中心です。
現在、イギリスの地方自治体の自主財源(カウンシルタックス)は全体の収入の25%くらいで、残りはいろいろな形で中央政府から入ります。その中で地方の納税者に対するアカウンタビリティはどうするのか、また、納税者によるコントロールはどうするのか、という問題提起がまずありました。
その後、プリンシパル・エージェント理論とその問題点の話があり、エージェントに対するモニタリングをどうするか、という話が続きました。プリンシパル側から見てエージェントにかかる費用は、実際の事業委託費と、モニタリング費用となります。
プリンシパル・エージェント間の問題点のひとつである情報のギャップについては、モニタリングの方法を工夫する、統計的に判断する(例えば家の掃除の場合、洗剤の減り具合で清掃の程度が判断できる)(でもこれは意図的な介入によってすぐ崩れる)、いっそ自分でやる(ただしアダムスミスの経済学的に言うと、大量生産ものや専門家から買った方が効率的なのでムダ)などの方法の説明がありました。次にトラストモデルの話があり、例えば発注部門と契約部門を分ければ、エージェント側は嘘をつくインセンティブがなくなり、プリンシパル側はエージェントの自主モニタリングに任せることができるし、コストもかからない、といった話がありました。ただこの場合、プリンシパル側は2つの部門に仕事をさせるので、そちらに費用がかかります。結局、今はICTが発達したので、トラストモデルに頼らずとも、そこそこ経済的なモニタリングはできるんじゃないの、という指摘もありました。

この後、官僚制の話、つまり官僚をどうコントロール・モニタリングするかの話になりました。ニシュカネン・モデルの話があり、政府は単独の供給者であるため最適条件が達成されないが、監査や競争を取り入れることにより防げるのではないか、との話がありました。(注・あくまで授業レポートなので違うかもしれませんが)
ここから続くのが例のベストバリューやパフォーマンス・インディケーター、CPAやCAAの話です。

が、Watt先生、話すのがとてもゆっくりなので、最後の方のこの辺は時間が相当足りなくなりかなり省略しました。私は終わらないかと思いました。まあ、政府が使っている評価や指標の話を詳細にされても、途中で気絶してしまうのは明らかですが。

最後に、ソビエトでの指標設定が失敗した話、シグナルを使った指標設定(例えば、弁護士の有能さは測定できないが、着ているスーツの値段というシグナルである程度は想像がつく、など)などの話がありました。

こうやってまとめてみると、授業がちゃんと構成されていることがわかります。いやー、受けている最中は話を聞くのに忙しくて、自分で構成することが難しいのです。
しかし私のヒアリングはまだまだで、何言ってるのかぜんぜんわからない時も多いのですが、初めての授業より多少余裕が出てきました。講義を聞きつつ、自分で要点と思うところをまとめながらメモを取れるようにもなりました。それだけかい、とか言わないように。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。