スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイの成績の追記

今日、大学でチューターにバッタリ会ったので、点が悪かった子のことを聞いたら、今日面談したとのこと。「まあ、確かに理論を実務に応用するという点がアレなんだけど、30はちょっと厳しい(harsh)と思うわ。」と言ってました。もう1人、昨日の時点でまだ受け取っていない留学生がいたのですが、チューターに聞いたら彼女はパスしたとのこと。4人中パスしなかったの1人だけか。さぞショックだろうな。

授業の中で、教授達は「エッセイは、必ず質問に答えてなければいけませんよ」と何度も強調します。私も構成を考える時や書いている最中、ブレないように気をつけているのですが、これがなかなかむずかしい。ちなみに、留学生をサポートするために大学が開催している無料の英語クラスがあるのですが、このアカデミック・ライティングの授業では、問題文が何を要求しているのか、動詞別に解説した資料などをくれます。Discussは"Consider something from different points of view, and then give your opinion"で、Analyzeは"Divide, discuss, examine, explain"だそうです。

さて締切り前のエッセイですが、最近2本書いた結果、一時間に150から200ワードが私のペース(自分で作文している場合です。コピペで引用をするとグンと早くなりますが。)ということがわかってきました。現在、1,000ワード。締切りまであと2日。一応間に合う計算?
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。