スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学への不満

というタイトルですが、私の話じゃないんです。

今日、留学生3人とフルタイムの学生の女の子(学部から直接来たので実務経験なし)をウチに呼んで、スシを食わせろと言うのでちらし寿司(すし太郎)を作って出して、ビールを飲んだりケーキを食べたりしながらずいぶん長いこと喋っていたのですが、半分はINLOGOVに対する不満でした。(なのでちょっとつかれた)

具体的には、90%の学生がUKの現職公務員なため
① 集中講義しかない
② UKの制度についての説明がまったくない(もう少し導入的な解説があってもいいと思う)
③ エッセイでは実務とのバランスをとれ、実務について書けと言われるが、実務経験がないのでどう書けばいいかわからない

もともと、パブリックマネジメントというのは現職の公務員にとって一番面白い学問だと私は思いますし、その視点から見てINLOGOVの学問的姿勢はしごく真っ当だと思ってます。ただ、イギリスでマスターを取りたいとだけ思っている何も知らない留学生や学部卒の学生に対しては、ちょっとフェアじゃないかなと思います。学部卒の子に至っては、それを心配して入学前に相談した時に、大丈夫、半分くらい君みたいな学生や留学生だし、と言われたのに来てみたら9割が現職だった、と言っていました。まあこれは別にサギだったわけではなく、たぶん、入学許可は多数出しますが、そのうち実際に何人が来るのかは学期が始まってみないとわからないからだとは思いますが、ちょっと想定割合がおかしいと思うし、だまされたーと思うキモチはわかります。大学院もかなりいい加減なんですよね、実は。

私は逆に、学生ばかりだったらイヤです。遠路はるばるイギリスまで来て、UKの行政とは、、、という本に出ているような話を聞いたり、公務について何も知らないド素人の学生と議論したって仕方ないというか。別にUKの現職の学生と話がはずんでいるわけでは全くありませんが、見ていると、どこの役所も似た悩みを抱えているんだなーとか、ここは日本とは違うなーとか、思うところが結構あります。それが私には面白いんですよね。

役所の発達度の問題もあるんでしょうかねえ。イギリスや日本は、役所の発達度が似ているので、悩みもかなり似ていると思うんです。(アカウンタビリティとか、行政評価とかのレベルで悩んでいる)
でも、例えば留学生の一人はナイジェリアからですが、ナイジェリアでは行政評価うんぬん以前に役所が公正に機能するためにはどうしたらよいか、といった問題があるわけです。そこから来た人が、アカウンタビリティがどうとか言われても想像できない、というのはわかります。彼女は留学する国を間違えたorもっと開発系の学部に留学すべきだったかもしれません。

あと、留学生達の不満を聞いていると、メンタリティの違いもちょっと感じます。日本では、授業がわからなかったら自分の不勉強と思う傾向が強いと思いますが、彼らにとってはある程度は学校の責任と思うような感じがします。(だから私などが聞いていると「だったらもっと勉強すればいいじゃん」と思うことがけっこうある)(でもこれは考え方の違いだしみんなけっこう興奮しているので口に出しては言わない)(オトナ)

学部卒のUKの子は、エッセイなどもすごく努力しているようですが、結局自分でも何を書いているかよく理解できないし、点数もよくなかったようで、つらいし、どうしていいかわからないしで退学を考えていると言ってました。マスターの学位がさほど必要ないのなら、辞めるのも選択かなと私などは思います。何もそんなにしんどいことを無理してやらなくてもいいでしょう。
ギリシャ人の兄さんは、ギリシャに帰れば「UKのマスターの学位」だけが重要で、誰も成績など見ない(見てもイギリスの成績表などわからない)ので、自分にとっては問題ない、と言ってました。オトナの合理的な意見。26歳だけど。

何だかなーと思うのは、こういう場では不満大爆発な割には、みんな学校に言わないんですよねー。UKの子は学校側に文句言ったみたいですけど、カザフスタンとナイジェリアの子は、割と保守的な国or家に育っているようで、大学に文句つけるという行為が抵抗あるみたいです。成績に影響するかもと気になるのかもしれません。あと、みなさん若いので自分達の不満大爆発で盛り上がってますが、だまって聞いている私がちとしんどい。まあ、ここで優秀な成績を修めて国に帰って一旗上げたいのに思うようにいかないというヤングなみなさんと違って、私は大いなる趣味で来ているだけだし。あんまり不満ないしな。しかし年長になるのってちょっと大変だなーと思う今日この頃なのですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。