スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学時の荷物について

暖冬のバーミンガムもかなり寒くなってきました。しかし、ここはティーンが多いので、半袖の兄ちゃんと露出の高いお姉さんがまだごろごろしています。

さて、ちょっと古い話になりますが、荷物について書いておきます。
結局、私は持参ダンボール2個(30キロ)・留学宅急便2個(45キロ)・船便2個(40キロ)で100キロ以上の荷物を持ってきました。こうやって書いてみると恐ろしいですが。今回のコンセプトは「あちこち行って買うのが面倒だから全部持っていく」です。金額的に言うと、かついできたのは無料、留学宅急便は2個で45,000円、船便は2個で20,000円でした。

お前そんなに何を持ってきたんだ、という点ですが、まず今回は本と書類が多く、紙は重いので重量をかなり稼いでいます。本は政策評価・行政改革関係の日本語の本と、マンガなど。それと、先日卒業した大学院のテキスト・配布資料などを、何が役に立つのかわからないのでとりあえずかなりの分量を持ってきました。今のところ使ってませんけど。(ムダ?)

あと、「買い物が面倒」コンセプトなので、掛け布団(圧縮袋で持参)、毛布、食器、包丁などの調理器具、衣類一式(コートやジャケットも含む)を持ってきています。なので、こちらであんまり物を買っていません。

掛け布団?と思う方もいると思いますが、もちろんこちらでも安いのがPrimark(かなり安目のアパレル中心のデパート)などで売ってます。9月は新入学の時期なので、枕も入った3点セットなどで格安で売ってます。ただ、私の布団は安物ですが羽毛で暖かいし、異国でもなじんだ布団で寝られるのはなかなかいいです。

その他、化粧水、常備薬、日焼け止めなどなどを持参しています。個人的に、海外に行かれる方には「気に入っているブランドがあるなら持って行け」とお勧めしています。私は風邪薬は「絶対パブロン」なのでパブロンとか。自分にあったものを新しく探すのは大変ですしストレスなので、こだわりがあるものは素直に持参した方がいいと思います。
あと、学生の方にはあまり関係ないかもしれませんが、サイズが合わないとおかしく見える服(スーツなど)や靴(特にパンプス)は持参した方がいいと思います。

今ほしいなーと思うものは、1,100均の便座カバー 2.かみそり でしょうか。こちらのカバーは木製やプラスチックで、何か違います。高いし。かみそりは女物でもT字型しかなく、眉そりがありません。ろくな情報でなくてすみません。他の方の留学ブログも参考にしてください。

荷物ですが、船便はビニールテープでぐるぐるにして送り、無事に着きました。所要一ヶ月半くらい。留学宅急便の箱は1個破損していました。これは荷物を入れている途中で重量が上限に達したため、そこで封をしてしまい、荷物に隙間がかなりあったせいだと思います。ぜひ中の物が動かないようにパッキングしてください。

また、この寮にはエレベーターなどというものがなく、荷物はレセプションに届くので、家まで運ぶのに難儀しました。結局、荷物は移動せず、その場で開けて中身を小分けにし、何往復かすることで解決しましたが、あまり調子に乗って重くしない方がいいですよ。

スポンサーサイト

テーマ : 留学準備
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。