スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイス島・ハリス島

なぜヘブリディーズなんぞに行ったのかですが、主な理由は、日本でアニマルプラネットを見ていたら、「ヘブリディーズの自然」の特集をやっていて、漁師のオッサンが「ここは世界で一番美しいところだと思う」と言ったからです。
実際に行ってみての私のジャッジは「それは郷土を愛する余りのスコッツのたわごと」ですが、実際とても美しいところですし、個人的には、スコッツはそれ位の郷土愛がある方がいい気がします。

ルイス島の有名ビーチ、ボスタビーチはこちら。
DSCN0205_convert_20150813204818.jpg

花が満開の季節で、お花畑とビーチで美しかったです。南国みたいですが水はとても冷たく、他のビーチで泳いでいた家族は全員ウェットスーツでした。

ここはブラックハウス。昔、この島で暮らしていた人々の生活を再現したミュージアムです。特に歴史に興味があったわけではなく、トイレに行きたかったんです。小さなカフェもあったので、ついでにニシンにオートミールの衣をつけたフライでランチとしました。
ちなみに下の写真は宿泊用の建物と表示があったのですが、Web見ても料金など書いていないので謎です。ここから下っていくと結構美しいビーチなので、泊まっても楽しいかもしれません。

DSCN0192_convert_20150813205419.jpg

DSCN0204_convert_20150809131148.jpg

ここからはハリス島です。ルイス島に比べて、ハリス島は岩だらけで、荒涼としていて、雄大です。個人的には、ハリス島はけっこう気に入りました。島の南に行くと、岩だらけの大地にリボンを引いたように1車線の舗装道路がうねうねとしており、運転はけっこうスリリングですが、その荒涼とした道の途中途中に小さな村があったり、レンタルコテージがあったりします。いやああんなに辺鄙なところにコテージ借りて、そりゃ静かで落ち着いた休暇を楽しめるでしょうが、買い物どうするのかなあとか。

そして運転中の意外な伏兵がこちら。時々、けっこう危ないです。いちおう、前進すると避けてはくれます。

DSCN0221_convert_20150809131750.jpg

ハリス島は全般こんな感じです。

DSCN0240_convert_20150813205758.jpg

そしてハリス島のビーチはこちら。このビーチの脇はキャンプ場で、キャンピングカーが沢山止まっていて家族連れがチェアを出したりしてくつろいでいました。トイレや販売トレーラーもあり。こんな美しいところでキャンプはいいですね。泳げませんけど。(水が冷たいから)

DSCN0229_convert_20150813205121.jpg

DSCN0233_convert_20150813205635.jpg


最後はこちら。どうかしているゴルフ場です(Isle of Harris Golf Course)。丘の向こうは海です。海に面したけっこうな角度の斜面がゴルフ場になっていて、そりゃ雄大ですけど何故にこんなところに作る。

DSCN0239_convert_20150813205532.jpg

DSCN0237_convert_20150809132540.jpg

この後はTarbertからフェリーでスカイ島へ。船内のレストランの窓際の席で海を見ながらカレーを食べていたら、波間からイルカらしき背ビレを何度か見ました。快適な客船でご飯食べながらスコットランドの雄大な景色とイルカを楽しめるとは何とゴージャス。

ちなみにアニマルプラネットの番組でやっていた、海鳥と野生生物の宝庫の島はキルダ島といって、ルイス・ハリスよりさらに北であることを知りました。ハリス島からもデイツアーが出ており、結構高い(170~190ポンド)なのですが、ちょっと行ってみたい、、、鳥好きなもので。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。