スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふだん何を食べているのか

最初の宿題が、ジャーナルの記事を6つ読んで要約するというものなのですが、予想通り難航しているので閑話休題で、食事の話でも。

昼食は大体3パターンです。
1 寮の中にあるカフェで食べてから出かける
2 大学のカフェで食べる
3 大学のコンビニでサンドイッチを買って図書館で食べる(日曜の場合)

寮の中にあるRioというカフェでよくパニーニを食べています。ツナとチーズ、チーズとオニオンなど、6,7種類のパニーニが選べて、熱々で出てきて、乱雑なサラダがちょっとついてきます。2.6ポンドくらい。コーヒーを付けて3.7ポンド。
私はパンはあまり好きではなく(何かつけないと飲み込めない)、日本では滅多に食べませんが、イギリスではかなり食べます。欧州のパンはおいしいと思うのと、やっぱり地のものがおいしいということだと思います。

大学のカフェの場合、Avantiというカフェテリアのほか、職員と大学院生向けのカフェもあります。こちらは夜はバーになるので、缶じゃなく、グラスでビールが飲みたいなーという時に行ったりしています。これらのカフェはUniversity Centerという建物にあるのですが、この中にはコンビニ、アジアンマーケット、床屋、郵便も出せるカードショップ、本屋、文房具屋などが集まっています。

Avantiで好きなのは、鳥のモモにスパイス付けて焼いたやつを、ご飯(といってもインディカ米)の上にどんと乗せたやつです。ご飯がどかんと来るので満腹になりますが、野菜ゼロなのが気になります。

院生向けのカフェはStaff HouseというUniversity Centerと合体しているビルの中にあります。が、別に身分証を見せるわけではないので誰が混じっているかわかりません。
このカフェの特徴はメニューがないことですが、ショーケースの中のものをポテトに乗せるかご飯に乗せるか、それとも肉をそぎ切ってパンに挟むかの3パターンしかないように見受けられるのであまり苦労しません。乗せるものは日替わりで、カレーだったり、チリコンカーンだったり、ミートボールだったりチーズ焼きだったり、いろいろです。味はまあまあですが、当たり外れもあります。値段は大体4ポンドの後半くらいでしょうか。

意外に思われるかもしれませんが、イギリスの料理はけっこう薄味で味がボケっとしているものが多い(カレーを除く)と思います。なので、けっこう胡椒をかけたりしています。

最後のパターンは、日曜日によくやります。日曜は学内のカフェは大体閉まっていますが、コンビニは2箇所開いているので、そこでMeal Dealをまず買います。これは、サンドイッチとポテチの小袋とペットボトルのセットで2.8ポンドか3.8ポンドとかのセットです。
それをなぜ図書館で食べるかと言うと、図書館の飲食のできる部屋にはコーヒーの自販機があって、数少ない熱いコーヒーの飲める場所だからです。Meal Dealは冷たいものばかりなので。
他には、Student Guildという学生会館みたいな建物があり、そこのSpaというコンビニも開いていて、自販機があるので、私のリサーチでは日曜日に学内で熱いコーヒーがゲットできるのはこの2箇所です。

と、しょーもないミニ知識を披露してしまいました。

さて、よく言われる「イギリスは食い物がまずい」ですが、私は正直、よくわかりません。確かに味がボケっとしてたりしますが、まずいとまではあんまり。大学のカフェ(学食)なんてそんなものだと思うし、おいしいと思うものもけっこうあります。日本人が、日本と比較すること自体無理があるのでは。
そりゃあ私だって、できたて寄せ豆腐をおかずに、ササニシキの新米で炊いたご飯を食べるのとどっちがおいしい?と聞かれれば、後者の方が1000倍うまい、って言います。自炊しているので「日本食が食べたい!!」とはあまり思いませんが、今、魔人が出てきて「何でも食べ物が出せる不思議な箱」をくれたら、間違いなくこれを出しますね。あと冬の白菜で作った漬物。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。