スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物シリーズ3

私はアメリカにも少しいたことがありますが、お菓子はイギリスの方がダントツでおいしいと思います。NYはチーズケーキが有名ですが、激甘で、大体3口くらい食べると「あー甘いもの食べた」と満足なので、冷蔵庫に入れつつ一切れを4日かけて食べていました。イギリスのお菓子もくっきり甘いですが、おいしいと思います。むしろ私は日本の「甘さひかえめ」がキライでして、甘いものが食べたいから高カロリーという禁忌を犯しているのに、甘いかしょっぱいかわからん味の薄いお菓子は食べて損した気がします。

話を戻しますと、イギリスのチープなお菓子では学内の売店などでもよく売っている小さいチョコバーがなかなかイケます。パッケージが派手なのでためらいますが、濃い目に甘くはありますがおいしいです。値段も30ペンスとか60ペンスとかで駄菓子感覚です。アメリカのクラフト社に買われてバーミンガムに激震が走ったキャドバリー社がこういうチョコバーを色々作っているのですが、激震の理由は数少ないイギリスの製造業がアメリカ資本に買われたショックだけでなく、イギリス人の子供の頃のつまみ食いの思い出にキャドバリーのチョコバーは欠かせなく、そのなつかしのお菓子が外国資本となった衝撃も多々あるのではないかと。

お家芸のスコーンはやっぱりおいしいですね。他の方もいろいろ書いていますが、スコーンには種類があって、固めのずっしりしたものもあれば、パンのようにやわらかく、男の握りこぶしより大きいものもあります。それが基本的に2つ出てくるのはどうかと思いますが。
私はバーミンガム大聖堂の近くにあるDruckersのスコーンが好きでした。この店はチェーン店で、ブルリングの中にもあるのですが、大聖堂の近くの店は小さくて落ち着けるのでよく行きました。ここのスコーンは固めのやつで、クリームではなくバターがついてきて、ジャムは別売りです。おいしく食べるコツは、カロリーという存在を忘れ去ってバターとジャムをたっぷりつけることですかね。

ちなみに私はけっこう、イギリス人の白髪のオッサンなどが、幸福そうにチョコレートケーキの大きなカットをむしゃむしゃ食べているのを見たので(しかもフィッシュアンドチップス食べた後でなど)、遠慮がなくていいなーと思っていたのですが、イギリスに長い人に言わせると、やっぱり「男が甘いものなんて」という意識はあるんだそうです。でも以前も書きましたけど、けっこうみんなアイスクリームバン(アイスの移動販売車)で楽しそうにアイス買って食べてて、日本よりは天真爛漫に食べてると思うんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。