スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストのイギリス縦断旅行(4)

さて翌日は夜までにヨークに行かねばなりません。南下すると湖水地方なのですが、そのさらに南に、以前BBCの番組で見て行ってみたいと思っていたMorecambe bay(モアカム湾)があるのでそこに行くことにしました。
BBCの番組とは確かCountryfileで、そこではモアカム湾の流砂(Quicksand)が紹介されていました。モアカム湾の流砂は、人が踏み込むと砂の圧力でコンクリートのようにガッチリ固まってしまい、自力では決して抜けられないのだそうです。レポーターが実験ではまってみましたが、確かに身動き取れなくなり、ホバークラフトで待機していた専門のレスキューに救助されていました。足の周囲の砂を掘り、圧力を減らしてから引き抜くのだそうです。
番組を途中からしか見ていなかったので、私はすっかりモアカム湾はワイルドでデンジャラスなカントリーサイドだと思っていましたが、行ってみたら歴史のある落ち着いた感じの海辺のリゾートでした。あれ。

イギリスの海辺のリゾートは陽光キラキラのアメリカスタイルではなく、海辺に瀟洒なホテルが並び、なぜか大体ゲームセンターと小さい遊園地があって大抵は観覧車もあり、人々はのんびり散歩したり、水着を着て浜辺で遊んだりする、という印象です。モアカムはイギリス最初の海辺のリゾートホテルもあるとかで、基本的には『歴史ある瀟洒なリゾート』がウリのようです。なのに私はインフォメーションセンターに行って、開口一番「流砂はどこで見られますか」と聞いたので少々イヤな顔をされました。以前、不法労働の中国人労働者が流砂にはまって何人も事故死した事件もあったそうですが。でも一応インフォの兄さんが「ここは遠浅なので、潮が満ちる速さは人間が走るスピードより速く、不用意に遠くまで行くと危険なのですよ」と教えてくれました。必死にダッシュしても潮に追いつかれるってこわいですよね。モアカム湾おそるべし。
モアカムはここ出身で芸名にモアカムをつけた有名なコメディアンもいたそうで、彼の銅像もあり、絵葉書もけっこう売っていました。

行った日は大雨が降ったり晴れたりの不安定な天気で、そのおかげで不思議な感じの写真が撮れました。1枚目には湖水地方の山々が遠くに写っています。

P1010731_convert_20101009154757.jpg

P1010732_convert_20101009154651.jpg

桟橋からモアカムの町を見たところです。

P1010739_convert_20101009154905.jpg

ここからヨークまではほぼ真東に進むことになります。イギリスのドライブで注意しなければならないのは、直線距離ではさほどでもなくても、途中に小さい町がいくつもあると、街中はいちいち時速30マイルか、時には20マイル(50キロ・30キロ)まで落とさなければならないのでやたら時間がかかります。おかげさまでやたら時間がかかりました。また、ヨークの周りは結構渋滞するようで、私がいた2日間、けっこう市内は渋滞してました。

ヨークでは知人の方が見つけてくださったおいしいレストランで夕食にしました。ナインティーンという店で、ちょっとわかりにくい所にあるのですが、料理も洒落ていておいしかったです。お店のwebはこちら
そしてイギリスみやげはなかなか難しいのですが、私は両親へのおみやげをヨークの有名ケーキ店、ベティーズのクッキーにしました。好評でした。

さてヨークに泊まった翌日はヨークムーアをドライブし、途中1泊してバーミンガムに一旦戻りました。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。