スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストのイギリス縦断旅行(2)

スカイ島は大きな島ですね。(地図見てわからんのかという話もあります)というわけで、少しトレッキングでもしようかと思ったのですが、1日だけだとなかなか時間がありませんでした。

スカイ島はどこへ行くか等々、何も考えていなかったのでまず中心地のポートリーに行き、インフォメーションセンターをブラブラしてみました。スカイ島はトレッキングが有名なので、ガッツリと登山の格好をしてリュックを背負った人々が来ていました。さてどうするかなと思っていたら、ホワイトボードと台帳に野生動物目撃情報が。台帳の情報は古かったのですが、ホワイトボードのものは新しく、どうやら北西の灯台ではラッコと海ワシ(Sea Eagle)が目撃されているようなので、そこに行くことにしました。

ポートリーは可愛らしい町で、ちょうどカニ漁の船が戻ってきてカニを大きさで分別していました。小さいのは無造作に海に投げるのですが、生きているものも、死んでいるものも、死ぬ寸前のものもいて、環境にやさしいんだかなんだかよくわかりませんでした。

P1010674_convert_20100925012952.jpg

P1010680_convert_20100925013054.jpg

スカイ島の道は主要道以外はかなり細く、基本的に一車線です。かなり頻繁に「すれ違いポイント」があって道が多少太くなっているので対向車が来た時はお互いがそこまで行くか、どちらかが待ってすれ違うことになります。最初はびびりましたが、慣れると平気です。前方遠くが見えて誰も来なければわが道のごとく真ん中を走り、対向車が来たらお互いどのポイントですれ違うか気配で打ち合わせてすれ違えばいいだけの話です。対向車と気が合うと、お互い少し減速する程度でスムーズにすれ違えますが、ぎこちない場合はどちらかがじりじりと待つことになります。

にしてもハイランドは実に美しいですね。私が今回の旅行でドライブしていて特に気に入ったのはハイランドとピーク・ディストリクトです。

P1010685_convert_20100925013201.jpg

P1010682_convert_20100928231926.jpg

細い道を走って付いたのがこちら灯台(Neist point)です、昔は大胆にもB&Bとして使われていたようで看板があるのですが、もうやっていないようです、さすがに。崖を降りて歩いていった先にあるんです。荷物運搬用のケーブルもありました。

P1010702_convert_20100925013614.jpg

灯台の先は崖になっています。柵も何もありません。高所恐怖症の人は近寄れませんな。でも、ここも羊が放牧されていて、崖のすぐそばや断崖の上でも羊が平気で草を食べています。絶対、年に数頭は落ちていると思うのですが。

P1010692_convert_20100925013301.jpg

灯台に行こうと思って崖の道を下ると、その先で何や双眼鏡で海を見ているお父さんとその家族がいました。ワタクシ、鳥を見るためにイギリスで双眼鏡を買いまして、こんなこともあろうかと持参して首から下げていたのですが、それを見たお父さんが、「サメを見たか?」と聞いてきました。カメラしか持ってない他の観光客と違って、野生動物観察準備万端の私なら見えると思ったのだと思います。「サメがいるの?」と聞いたら、「ブイが見える?そのあたりにいるよ。ここはサメで有名なんだよ。」と教えてくれました。しばらく出なかったのですが、粘れば見えるよ、とのお父さんの言葉を信じ、一人海を凝視していると、何かゴマ粒みたいな変な点が海上に。双眼鏡で覗くと、サメの背ビレでした。まさかイギリスでサメを見るとは思いませんでした、お父さんがバスキンシャークと言っていたのですが、後で調べたら日本語ではウバザメと言い、プランクトンを食べる大きくてトロイ鮫だそうです。この後、内湾で別の個体も見ました。やっぱり海の上にあやしい黒いものが見えるので、双眼鏡で見るとやっぱりサメで、こちらはもっと近かったので、海面の下の黒い影まで見えましたが、けっこう大きかったです。双眼鏡がないと点にしか見えないので、持って行って本当によかったです。

P1010697_convert_20100925013505.jpg

サメがいたのはこんな感じのところでした。ここには私が帰る前に是非見たい、そのためにエジンバラ近郊のシーバードセンターにもう一度行ってもいいと思っていたガネット(カツオドリ)もいて、しかも彼らのダイブもたっぷり見られました。ガネットは上空から羽を折りたたんでミサイルのように急降下して海に突っ込み、魚を取るので有名なのですが、そのカッコいいダイブも沢山見られて感激でした。当初の目的の海ワシとラッコは見ませんでしたが。海ワシを確実に見たければ、実はポートリーから「海ワシ餌付けボートツアー」が結構出ています。いいのか野生動物に餌やって観光にして、と思うのですが、かなり古くからやっているようで、まあ、何らかの配慮はあるのだと思いますが。

結局スカイ島が大きかったのと、サメばかり見ていたのと、朝が遅かったのもあってスカイ島の探検は早めに切り上げ、戻ることとしました。前日は11時間運転しましたし。
ポートリーまで戻り、日本人のブログにあったLower Deckというレストランに行きたかったのですが、夜は18時半からだそうで、少し早かったので別の店に入りました。適当に入ったのですが、スズキのムニエルが非常においしかったです。ホテルの下で、The Cafe という店です。調子に乗って食後に珍しくアイスクリームも食べようと思ったのですが、全部3スクープ(玉が3コ)に加えてヘビーなトッピング。もっと小さいのはないのか、と聞いたらキッズメニューなら、とのこと。14歳以下のみって書いてあるんですけど、と言ったら別に構わないとのことだったので、いいトシですがバニラアイスクリームのチョコレートがけというお子様メニューをいただいてきました。おいしかったです。

スカイ島はなかなかよいところでしたが、どうせ行くならやっぱり数泊してトレッキングするのが本筋でしょうね。装備を固めて自転車で走り回っている人や原野を歩き回っている人をかなり見ます。そういう楽しみがあるのは、イギリスのあなどれない良い所だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。