スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストのイギリス縦断旅行(1)

留学の最後は、イギリス縦断ドライブをしてきました。指導教授から、私の指導した中で最も旅行した学生との評価をいただきました。論文はダメでしたが。(まだ引きずっている)

荷物の発送と片付けに追われ、大した感慨もないまま寮を出たのが3日の夜で、その日は空港近くのホテルに泊まり、4日の早朝便(flybe)でインバネスへ。空港そばのハーツでレンタカーを借りました。
ちなみに、イギリスの免許証は紙が本物で、プラスチックのカードだけではレンタカーが借りられません。しかし、1日まで論文とパッキングに追われていた私にミスがないはずもなく、バッチリと別の荷物に入れてしまいました。こういう場合、ハーツではDVLA(陸運局)に電話し、私が電話に出て住所・生年月日などを言って確認が取れれば貸してくれます。確認料5ポンド取られますが。また、1回り大きい車を借りようかと思い、前日にネットで確認したら9日間で9ポンド追加だったのですが、現地で相談したら1日15ポンド追加、合計135ポンドの追加とのこと。値段がかなり違うので、車はネット予約がいいかもしれません。「うーん、旅行の途中で5人乗るんだけど」と言ったら、ハーツのオッサンが「大丈夫、これでも5人乗れるよ」と安請け合いするのでいいことにしました。

本当はそのままスカイ島に行くつもりだったのですが、実はワタクシ、先端マニア(地形的な先端(英語ではExtremeという)に行くのが大好き)でして、やっぱりどうしてもイギリス本島の北端に行きたくなり、無理を承知で予定変更、北に向かいました。
本島の北端はジョン・オグローツといい、インバネスからでも車で2時間かかります。途中、本島最北の空港のあるWickにも少し立ち寄りました。Wickにはイングランドからの直行便はなく、スコットランドのインバネス、エジンバラなどでの乗り継ぎになります。空港には寄りませんでしたが、小さそうでした。街中はこんな感じです。土曜日なので、ちょっと閑散としています。

P1010656_convert_20100926010845.jpg

こちら先端マニアには外せない、イギリス本島最北端のジョンオグローツです。ちなみにランズエンドもそうなのですが、こういう標識のところでは勝手に写真が取れず、自分と標識を撮ってもらいたければそこにいる専門の写真屋に頼むルールのようです。標識だけを撮るのはいいようですが。

P1010659_convert_20100925012500.jpg

P1010660_convert_20100925012704.jpg

ジョンオグローツからは懐かしのオークニー諸島も見えます。いえ、見えてるやつじゃなくて、もっと遠いのですが、かすかに見えます。オークニー楽しかったなあ。ああ、シェトランド諸島にも行きたかった。先端マニアとして。ジョンオグローツにはおみやげ物屋やカフェがあり、けっこう楽しめます。ツアーらしいバスも来ており、けっこう人も来ていました。

P1010669_convert_20100925012821.jpg

そしてそこからは西に向かい、その後南下してスカイ島の付け根、宿の予約をしてあるロハルシュオブカイルを目指しました。このルートは入り組んだ地形を通るので時間がやたらとかかりますが、海あり山あり入り江あり、ハイランドの雄大な風景が広がって非常に美しいです。ちなみにインバネスからジョンオグローツ経由でロハルシュオブカイルまで行くには、車でぶっ飛ばして11時間ほどかかります。いえ、だから元々行く予定ではなくて。通常の神経の方は、ルートの途中に大きな町はありませんがB&Bなどはそこそこあるので、どこかで1泊するといいと思います。予約していた宿はB&Bだったのですが、B&Bの欠点としては遅く着くと閉めてしまう危険があることです。しかも絶妙なことに途中で携帯のバッテリーが切れて電話も出来ず、最後の方は心配しながら飛ばしていったので、降りて写真を撮る暇も景色を楽しむ暇もありませんでした。無念です。いつか改めて「スコットランド1週間旅行」したいですね。いいかげんにしろ?ちなみにスコットランド人は田舎道の場合推定120キロオーバーで走り回っているので気をつけてください。

スピードオーバースコッツに混じって車を飛ばしてようやく着いたB&Bは遅くでしたが開けていてくれており、何とか宿無しは回避できました。が、B&Bの次なる欠点として、夕食は基本的に外で、何しろ遅くなったのと半日運転しまくった疲労で出かける気にもならなかったために食べ損ねました。夕食はクッキー3枚とお茶です。しかしそのB&B、なぜかジャグジーが付いており、キャンセルがあったとかで客は私1人だったので、伸び伸びとジャグジーを楽しめました。場所がわかりにくいですが、無料Wifiもあるので、ジャグジーとWifiに興味のある方?は泊まってみてもいいかと思います。http://www.seadrift.co.uk/
スカイ島は私の行った時期、ネットで取れる宿が無茶苦茶高かったので島の外であるここにしました。現地に行ってみると空いている安いB&Bもけっこうあったのですが、あまり冒険もしたくないですし。ここに2泊して、翌日はスカイ島探検に行ってきました。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。