スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュアンドチップス

今日の日中は暑かったのですが、日本もようやく涼しくなってきました。大変結構なことで。

ところでイギリス人の家にホームステイして面白い体験をした、と書きましたが、最大の収穫?は、私なりですが、イギリスでフィッシュアンドチップスの店がそこら中にある理由がわかった気がすることでしょうか。フィッシュアンドチップスは、確かに店によって味が違い、おいしい店ではけっこうおいしいのですが、何しろ淡白な白身魚の揚げ物に塩と酢をかけただけですから、ものすごくおいしいとか、毎日食べたいとかいうものでもなかろうと思うのです。なのにフィッシュアンドチップス店だらけということは、イギリス人にとっては超・おいしい味なのかと思っていたのですが、そういう意味ではないような気がしてきました。
全員ではありませんが、相当数のイギリス人は、おいしいとか何とかより「安心できるいつもの味」を重視するように思うのです。基本的に、いつものメニューのいつもの味を食べるのが幸せであって、得体の知れない新しい食べ物やローカルフードを試して、慣れない味のものを食べるのは、あまり好きではないのではないかと。もちろん、人によりますし、程度も違うと思います。私の(元)指導教授はイギリス人ですが、大変な美食家ですし。でも、基本的に食べ物にあまり情熱を燃やさない傾向はあると思います。ホームステイをした家の人は、もちろん裕福で、教養ある人達でしたが、食べ物にあんまり興味ないんだなあと実感しました。

だからどこへ行ってもフィッシュアンドチップスの店があるのは、味が好きだからというより、いつもの味がちゃんと食べられるという安心感なのではないかと。私は「フィッシュアンドチップスは味ではなく、セーフティネットの観点から論じられるべき」と言っています。だから日本のOLさんなどが積極的にあちこち食べ歩いたりするのは、ひとまとめにするのも何ですが、イギリス人にとっては、なぜわざわざ得体の知れない慣れないものを食べに行くのか、けっこう理解しがたいことなのではないかと思っています。

イギリスは食べ物がまずい、と言いますが、別にすべてがまずいわけではありません。おいしいお店もたくさんありますし、地方に行くと概してご飯はおいしいです。最後の旅行中、スカイ島の近くで適当に入ったレストランのスズキのムニエルは実においしかったですし、ヨークのレストランの料理はとても洒落ていて、これもおいしかったです。ただ、全体的に、食べ物に対する情熱がうすいと思います。そして同じメニューの同じ味という安心感を重視するので、どこへ行ってもイングリッシュブレックファスト、フィッシュアンドチップス、同じパブ飯が用意されています。だから何となく、イギリス全体がおいしくないような感じがするのではないかと私は思います。
日本に戻って再認識したのですが、日本は食べ物に対する情熱が桁違いだなあと。いやあ、食料品売り場(特にお惣菜とお菓子売り場)の多彩で華やかなこと。また、日本人は季節のものを食べるのが好きですから、店頭には旬のものが宣伝文句付で競うように並び、サンマや葡萄が出れば、秋だなーとみんな買っていきますよね。こういう国から行けば、イギリスまずいとか言うのも無理ないかなーという気がするのです。私も麻痺していましたが、帰りの飛行機の食事で、柚子風味のおいしい漬物を食べた瞬間、あ、日本は美食の国だった、と思い出しました。

しかし美食は結構ですが、食べ過ぎますね、日本では。とにかくおいしい食べ物があふれていてそこら中で売っていますし。この状況で全員が超肥満にならないとは、日本人の自制心はすごいと思いました。私も既に食べ過ぎなので、気をつけたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。