スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文は体力勝負

論文も佳境?に入ってきました。今頃佳境に入っているのも遅いのですが、私は本当に締め切り直前にならないとエンジンがかかりません。あと、頭が回りません。真剣に考え始めないと、考えがまとまらないのです。アイディア、言及すべき既存の理論、構成、論理性、整合性、自分の言いたいことなどは、これ集中して考えないとまとまらないのですが、時間が迫って煮詰まってこないとダメなのです。煮詰まってきてもダメという話もありますが、まあ、それは仕方ないので。

エッセイのところでも書きましたが、エッセイや論文は本当に体力を消耗します。毎日毎日、エッセイや論文のことを考えているのも体力が要りますし、書くのもとても疲れます。なにしろ英語なのでいっぺんにスラスラとは書けないので、書いたり消したり直したり、構成をガラッと変えたり、考えながらカタカタと入力していくのですが、思ったように文字数が増えないとプレッシャーですし、読み返してみると意味不明な文がけっこうあったりしますし。文献探すのも読むのも時間がかかるので、無闇と時間がかかったりもします。

先週は毎日そこそこ頑張りましたが、一日一日、疲労が溜まっていくのが自分でもよくわかりました。持病のヘルペスは出るわ、口角炎になるわ、体力が落ちると少しおかしくなる奥歯がおかしくなるわ、どんだけ正直なんだというくらい正直に疲れがでました。

留学の目的をよく考えて、と以前に書いたのはこういう理由もありまして、つまり、ある程度以上オトナの留学の場合、あんまりハードなコースにすると、体力がついていかない危険性があると思います。ただ、他人様の意欲を削ぐつもりはないので、それを承知でチャレンジすることは立派だと思います。だいたい、こっちで会う日本人の方は、若くてもしっかり問題意識があったりきちんとしていて本当に感心します。

ちなみに昨日は、大学関係の日本人女性陣で、バーミンガム名物バルチ(カレー)の聖地?バルチトライアングルに行ってきました。そこでおいしいバルチを食べ、巨大なファミリーナンを食べてすごくおなか一杯になり、さらにパブで飲んで真夜中に帰ってきて(でも少し論文をやってから)、10時間近く爆睡したら、今日は何だか気力と思考力が戻ってきています。特に思考力が大事で、これが弱ると文章がヨロヨロになり、結局後で書き直しになったりするのでムダなのです。あー、気分転換と休息って大事なんだなーとつくづく思いました。ご参加のみなさんありがとうございました。

締め切りまであと10日。一応は間に合う計算なのですが、表を作ったり資料を集めたりするのには結構手間と時間がかかるものなので、きっとギリギリでしょう。例によって例のごとく。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。