スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までのまとめ(中間)

論文はぼちぼちやっています。現在、5,000ワード弱。10,000から15,000ワードの課題なので、一応は間に合う計算なのですが、本日、ドイツでバケーションを満喫中の指導教授からメールが来て、路線はいいけど、集めようとしているデータが全然不足、というコメントがイギリス人らしいやんわりとした表現で来ました。うーむ。

さて、まだ終わっていませんが、私の留学について小まとめと、思ったことなどちょっと書いておきます。私の主観プラス私の特殊な事情(趣味で留学)があるので、ひとつの感想ですが。

1.総合的感想
「風呂に入る暇もないくらい勉強した」「髪を振り乱して勉強した」という話を聞きますが、私はどっちもやりませんでした。これはいくつか理由があると思われ、
①INLOGOVは現職の公務員がほとんどなので、もともと割と甘いと思う
集中授業は朝から晩まであってくたびれるのですが、課題はエッセイのみで試験はなく、しかも1モジュールで2本なので、大変ではないと思います。1月から3月は授業とエッセイが連続してあり、締め切りをこなすうちにあっという間に過ぎましたが、我々はフルタイムで学生なので、時間は格段にあります。大変ですけど、ものすごく大変だと思ったことはありません。
②私はこの分野は日本で勉強してきている
これは大きいと思います。何も知らない分野を英語で一から勉強するのは大変だと思います。私は唯一、リサーチメソッドがこれに当たり、一から勉強することになって他の留学生(公務員経験なし)の苦労を知りました。

なので、私にはINLOGOVが合っていたと思います。私の場合、ありがたいことですが元の職場に帰れますし、そこで留学とは何の関係もない仕事をすると思うので、猛烈な苦労をして学位を取得する意味はないのです。前にも書きましたが、現職の公務員相手の実務的なINLOGOVは、教えている内容もとても面白いし、割と甘いし、集中授業だから何もない日が何日もあって旅行がしやすくて(結局それ)私に適した学部だったと思います。

あと、少々心残りな点としては、イギリス人の友人ができなかったことですね。きっぱり言いますが、一人もいません。INLOGOVの学生の多くは社会人で家庭のある人も多いので、授業が終わると即座に帰ってしまいます。あと、こちらのたどたどしい英語に辛抱強く付き合ってくれる程、留学生に関心がある人も少ないんじゃないかなという気もしました。日本に関心がある人を探せば、という意見もありますが、まあ、そこまで、という気もしています。私は日本でも友人は多くなく、本当に気が合う人としか付き合わないので、イギリス人だろうが何人だろうが、あまり友達ができるとも思ってませんでした。留学生同士は同じ苦労をしているので仲良しですよ。彼らから学ぶことも多々ありましたし、彼らと結構いろんな話ができて、それでよかったかなーとも思っています。イギリス人と友達になって、イギリス人の考え方を学べ、という意見もあったのですが、日本人だって、示唆に富む意見の持ち主もいれば、(少なくとも私にとっては)まったく示唆に富まない意見の持ち主もいるので、イギリス人だからいいってもんじゃないんじゃないかと思うのですが。負け惜しみ?負け犬の遠吠え?

つくづく思うのですが、留学エージェントが「留学の目的をよく考えて」というのは本当だと思います。ステップアップとして転職したいのか、英語が話せるようになりたいのか、友達を作りたいのか、面白い勉強がしたいだけなのか、単に海外に行きたいだけなのか。何もかも、と思って全部やろうとしてもたぶんできないし、できないと「できない、ダメだ」と自信をなくす危険性があるので、特にある程度のトシで海外に出る人は欲張らない方が健康のためだと思います。あと、学部の選び方も、ハードさ(そして学費)を考え、それだけの苦労をする価値があるのかどうかも考えた方がいいと思います。個人的な意見ですけど。と、偉そうに言っていますが、入るまでINLOGOVが集中授業であることすら知らず、そこが自分に合っていたのは単なるラッキーであった私に言う資格ないですけど。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつも参考にさせてもらっています(^^)
私は1週間ちょっと前に大学からの交換留学でバーミンガム大学に来たんですが、たしかに。イギリス人の友達はできにくいような気がしてきました。。今はプレセッションなので周りアジア人だらけだからってのもある気はしますが。Brummieは本当に聞きとりづらいし。こちらの英語能力が低すぎるという問題がまずありますし。

更新まってます^^*

あきらめるのは早いですよ

最初からあまり枠にはめない方がよろしいですよ。って、私に言う資格ないですが。私はINLOGOVという特殊な環境にいるのであまり交流がありませんでしたが、学部で、特にグループワークがあったりするとたぶん全然違うと思うので。
ところで私は常々、日本人は英語について自己評価が低すぎると思っています。アメリカ人の「日本語できます」なんて、フジサンとアリガトウ程度だと思います。日本人は学校でマジメに勉強しているので基礎力は非常に高いのに、「きちんと話さないといけない・聞き取れなければいけない」というプレッシャーが強すぎると思っています。変な顔をされようが発言した方が得なので、特に授業が始まったら遠慮しないでいろいろやってみるとよろしいですよ。ウチの留学生も、授業で全然発言しません。私は「英語の怪しい質問の説明に時間がかかるアジア人」のスタンスで、わかんなかったら聞いています。
プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。