スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語がわかるとかわからないとか(2)

最近、パブやカフェで注文しても注文どおりのものが出てこないばかりか、2つ出てきたりするのでちょっと暗澹としています。先般、カフェでカフェオレを注文したらお姉さんが2つカップを用意しだして、これは止めましたが、パブでビールを注文したら止める間もなく2つ出てきました。なぜ2つ出るのか。アイスのカフェオレを頼んでもホットが出てきたりします。ちなみに先日ワイト島へ行った時、向こうの言ってる事がよくわからないのはよくあることですが、私の言っていることが通じず、あの辺りで訛りがきついとも聞かないので、これも暗澹として帰ってきました。なお、また行きたいと言っているのは純粋にワイト島が気に入ったからで、リベンジのためではありません、念のため。

英語を話したり聞いたりするのは集中力を要するので、疲れていると何言ってるのか聞き取れなくなったりしますが、カフェの注文程度の短時間でもダメで2つ出てくるとは。心を入れ替えて、もっとはっきり、ちゃんと言おうと思っています。

ちなみにアメリカにいた時の私の鬼門はマクドナルドでして、マクドナルドでは相手の言っていることが一言もわからない上に、私の言っていることが一切通じないということがよく起きました。そして、チキンマックナゲットがどうしても注文できないのです。ナゲットを注文しているのに、なぜかチキンバーガーばかり出てきます。いつか必ずナゲットを出してみせると思っていますが。

最近、授業も終わって図書館通いであまり英語で話す機会がないので、2つ出てくるのはそのせいもあるかなとも思っています。(相当のトラウマ)少しリハビリしないとなと思っています。

ちなみにPhDの人にどうやって英語を勉強したか聞いたのですが、聞き取りについては英語字幕つきのDVDの気に入ったのを何度も見るのがお勧めで、話すことに関してはやっぱり度胸でとにかく話す、また、自分より英語のうまい留学生に話しかけてその輪に入る、だそうです。ネイティブは英語のたどたどしい外国人となかなか辛抱強く付き合ってくれないので、留学生の中でうまい人に学ぶか、またはネイティブでも日本に興味がある人ならある程度付き合ってくれると思う、とのことでした。ご参考まで。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。
2004~2005年の一年間、バーミンガム大学に通っていました。
とても懐かしく読ませていただいています。
一緒に行ったメンバーが、アイアンブリッジでlocal beerと注文したところ、コカコーラが出てきて、かなり落ち込んでいました・・・
バーミンガムはアクセントが強いので、リスニング・スピーキングともに苦労した覚えがあります。
でも私は1年間ホームステイだったので、イングランドを出るときにはすっかりブラミーアクセントになっていました(笑)
Northfieldに住んでいたので、Sainsburyにはよく行っていました。
懐かしい。
ブログを読んでいると、バスの番号や、道の名前、すべてが懐かしいです。
できることなら、今すぐ行きたいです。
プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。