スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーミンガム滞在情報(主観)

さて、大学に留学される方もこちらに旅行やビジネスで来られる方も、市内に滞在される機会もあるかと思います。そんな方のために、主観によるホテル情報とネットの話を書いておきたいと思います。あくまで主観ですので、後でウソツキとか言わないように。

バーミンガムには「シティセンター」と銘打ったホテルがいくつもありますが、実はちょっと歩くか、バスを使うホテルが多いので特に荷物の多い人は注意が必要です。駅から本当に近いと私が認めるホテルは、バーリントン、ブリタニア、ホリディインシティセンター、コンフォートホテル、ラディソンSASです。Ibisとホリディインシティもチャイナタウンにあり、ここもまあ近いです。Ibisは泊まったことがありますが、ちょっと安宿です。ドライヤーもフロントで借りねばならず、うっかり先に洗髪するとえらいことになります。しかしチャイナタウンの中にあり、日曜でもやっているレストランが多いので、食事はとても便利です。ホテルの向かいのチャイナコートやChung Ying Garden、Soya Cafeといったおいしいチャイニーズレストランもすぐそばです。
あと、バーリントンは原則高いのですが、時々えらく割り引いている時があり、私の知人が泊まった時はシングル40ポンドでした。部屋も広くて落ち着いていてかなり良かったそうです。
他に注意が必要なのは、イギリスのホテル全般ネットが高いことです。10ポンド、15ポンドするところも多いので、ネットがマストな方はホテル代だけで考えない方がよろしいかと。ラディソンSASブルーはネット無料ですし、いいホテルですので、70,80ポンドくらいのDealが出ている時には、一考の余地があるのではと思います。週末と3連泊以上は大体安くなります。

ネットをちょっと使いたいとか、プリントアウトしたいんだけどという方は、センターのパビリオンというモールの3階にネットカフェ(カフェじゃないんですけど)がフードコートの隣にあります。が、まずいことに日本語の表示ができません。しかも18時(週末は17時)に閉まってしまうので、夜も使いたいとか、日本語が必要な方はPC持参の上ホテルで使うしか方法がない、というのが私の理解です。ネットカフェは30分単位で、1時間で2.5ポンド、プリントアウトは別料金(確か1枚30p程度)です。パビリオンのWebはこちらですが、ちょっとわかりにくいので、M&Sを探して行った方が見つけやすいと思います。M&Sも同じビルに入っています。

バーミンガム大学の学生になる人は、大学の図書館を初めとしたITクラスターのPCは速いし日本語も打てますしプリントアウトも一枚4pと安いので心配要りません。なお、日本語で入力したい場合は、IDとパスワードでログインした後、右下の言語バーをクリックしてJP(日本語)を選択します。すると、日本語をデフォルトにするか聞いてくるので、Yesにすると、その後ずっと半角+Altで切り替えができます。たまにデフォルトにするか聞いてこないことがあるので、一度ブラウザを立ち上げて閉じた後に再度やってください。それを最初にやらないと、ブラウザを立ち上げると英語設定に戻ってしまい、日本語が打てません。なぜか。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。