スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーミンガム大学・寮の内部をお見せします

私のじゃないですけど。ウチはお見せできません、散らかってて。友人に見られたらおこられるし。

実は今日明日は寮や大学のオープンデーで、空いている寮や大学の構内、図書館などが自由に見られる日です。大型バスが続々と寮に乗りつけ、ティーンのみなさんと、息子や娘の住まいを厳しく見定めようというご両親がゾロゾロ降りてきてパンフ片手にウロウロしているので、私もそ知らぬ振りして他の部屋を見物してきました。物件見るの好きなんです、ワタクシ。写真を撮ってきたので、オープンデーに来る贅沢などできない日本の皆様にイギリスの学生寮ってどんなところかお見せしたいと思います。

P1010359_convert_20100625062143.jpg

これがShackletonの個室です。右の鏡がついているドアの奥にトイレとシャワーがあります。

P1010363_convert_20100625064639.jpg

こちらベッド側から見た机・棚・クローゼットです。間取りは多少違いますが、基本的に設備は同じです。

P1010361_convert_20100625062241.jpg

別に説明要らないですがトイレと、右がシャワーです。洗面台はここからは見えませんが、

P1010362_convert_20100625062337.jpg

便座の反対側にあります。

P1010356_convert_20100625062008.jpg

廊下はこんな感じで、ここの場合この8室でキッチンをシェアします。ちなみに個室にももちろん鍵がありますが、ここから廊下に出るところにも鍵があって、フラットの住人でないとこのエリアにも入れない仕組みのようです。そのキッチンはこちら。

P1010365_convert_20100625062428.jpg

キッチンの手前に、共用スペースがあります。Shackはこういったシェアは日本で言う3階以上にあるので外からは見えませんが、Masonではよくこういったスペースで飲んだり喋ったり踊ったりしているのを窓から見かけます。

P1010367_convert_20100625062604.jpg

ついでに気になるMasonも見物してきました。さすがValeで一番新しいだけあって、ずいぶんとモダンじゃないですか。

P1010370_convert_20100625062659.jpg

でもシャワーはちょっとしょぼいと思うのは私だけでしょうか。あと、あまり床に段差がないので水が果てしなく流れていかないかちょっと不安になります。そして、なぜかシャワーの向かいに洗面台があります。

P1010372_convert_20100625062926.jpg

P1010371_convert_20100625062810.jpg

こちらがMasonのキッチンと共用スペース(学生が時々踊っているところ)です。

P1010373_convert_20100625063016.jpg

P1010374_convert_20100625063116.jpg

えー、ちなみに私の住んでいる1Bedroomは、ハッキリ言ってこの個室の広さの4倍以上あります。まあ、この部屋はもともとカップル用なので、この個室の2倍の広さ位しかなかったらあっという間に別れ話になるでしょうし。そしてキッチンと風呂(バスタブつき)があります。で、去年の場合ですが、こういう個室の家賃に月々もう200ポンド出すと、この部屋に住めます。広さは4倍以上になりますが、元々けっこうお高い寮費が月々3万円のアップになるので難しいところです。

あと、最近思うのですが、一人で住んでいるのも一長一短で、問題児のフラットメイトに当たって悩むこともないですが、一方で孤独になりがちです。私の通うINLOGOVは集中授業しかなく、みんな現役社会人で家庭のある人も多いので、授業が終わればすぐ帰ってしまいます。なので、クラスメイトと遊びに行ったり飲んだりする機会はまずないです。留学生同士も、そう頻繁に会うわけではないし、ヘタするとスタバでコーヒー注文するくらいしか人と話さないんですよ。「アイストールラテをくれ」「他に注文は」「そんだけ」を会話と言うかどうかかなり疑問です。
まあ、これは現職公務員を対象としているINLOGOVの特殊性かもしれませんが、ただ、院生で授業が終わり、フラットメイトが出て行ったり、一人で論文を書くようになると、状況は少し似てくるかもしれません。海外生活は何だかんだ言って精神的に負担がかかるので、なるべく人と話したり、無理をしないよう、自分で工夫するようにしています。トシのせいで気が弱くなっているんじゃないですよ。たぶん。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

はじめまして!

私2010年9月からそちらの大学にお世話になります!最近まで社会人してましたが、結構ぎりぎりから出願したせいもあり、寮も締め切りぎりぎりにapplyしたのですが、返事がまだです。
このままだと、宿無しで出国、現地で必死に宿を探さないといけないかもしれません。
土地勘がないので、どの辺が安全かとか、大学に近いかとか、スーパー近く、とか、もし何かアドバイスあれば教えてください!

Re: No title

バーミンガムは概して安全なところで、スーパーがどうとか言うのであればセリーオーク近辺が便利で、学生もたくさん住んでいます。
ただ、そういうことより、民間物件(大学のアコモデーションオフィスのWebから学生向けの民間物件も検索できます)は契約・交渉をすべて自分で(英語で)やらねばならず、大家ともめた場合も自己責任なので、寮よりずっと手間がかかります。今は景気が悪くて学生が減っているので、寮もたぶん空きがあると思います。メールで返事が来なければ電話で(いや、英語なんかで電話したくない気持ちもよーくわかりますが、みなさんいい加減な上、今バケーションでみんないないので、メール待ってると1、2週間くらい経ってしまいますよ)寮の返事を催促する方が早道なような気がします。
ほかに、ブログにも書きましたが、民間ですが、留学生向けの寮があって、日本人も何人か住んでいるところがあるので、そこも検討されたらいかがですか。たぶん空きがあると思います。
http://www.bish.org.uk/

生活の立ち上げは何だかんだ言って大変なので(ちょっとしたものでも、どこに売っているかわからないので探しまわって時間をロスするとか)、行ってから探そうなどと思わず、とにかくアコモデーションオフィスをプッシュしたり、上記の寮にコンタクトしたり、あんまりお勧めしませんが民間の物件も、アコモデーションオフィスのサイトから検索できるので、メールでコンタクトしてみたりしてみたらよろしいですよ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。