スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語が分かるとか分からないとか

最近発見した事があります。何を今更、と言われそうですが、相手の英語がわからないとか、自分の英語が通じないのは、自分にばかり原因があるわけじゃないんだなと。

先日、最後のモジュールで恒例のグループディスカッションがありまして。私はUKの女性陣と同じグループだったのですが、内容がイマイチ以上にわかんないんです(でもいつものことですが)。これは私が聞き取れていないんだな、まだダメだなあ、と思っていたのですが、その後のグループ発表を聞いた時、実はディスカッションの内容にかなり原因があったことが判明しました。ディスカッションのテーマはリサーチデザインで、リサーチのお題(青少年の飲酒防止プログラムの効果測定、など)が出て、それを調べるにはどういったリサーチが効果的か、という案を話し合って作るのですが、発表されたウチのグループの案はちょっと論理的でなかったんです。理想的かもしれませんが実行が難しく、そのため細部も曖昧なままで、これはわかんないわ、と思いました。
テーマをもらった時、もちろん私もリサーチ案を考えました。それと近い案だったら英語が多少わからなくても想像で補えたと思いますが、かなり想定外の案だったため、想像がつかなくて皆が何言ってるんだか分からなかったのだと思います。日本語でもありますよね、会議での意味不明な発言とか。

なので、思えば当たり前ですが、相手の言っていることがわからなくても、曖昧なことを言っていてわかりにくい場合や、そもそも相手が説明下手である場合もあり、一概に英語力の問題ではないのではないかと。特に授業では、よく知らない人の話を聞くのだから尚更です。相手のことをよく知っていれば、何言ってるのかわかんないけどまあ言いたいことはわかる、という不思議なコミュニケーションが取れますよね。だから例えば留学生同士の場合はラクです。半年以上付き合っているので癖を飲み込んできて、最近は話が断然スムーズです。価値観の話とか、もちっと概念的で難しい話もするようになりました。

でも一方で私の友人にスペイン語堪能なのがいて、スペイン語圏で仕事してるのですが、やっぱり家庭教師を頼んで勉強した、と言うので、「やっぱり家庭教師が外国語学習には一番効果的?」と聞いたら、「うーん」とのお返事。いわく「家庭教師も慣れてくるとこちらのスペイン語が不十分でも大体わかるようになっちゃうので、イマイチ勉強にならなくなるから。コロコロ先生を変えるならいいかもしれないけど。」だそうです。わかりやすいにもそういう欠点があったかと。

えー、まとまらなくなりましたが、要は英語ができなきゃ、という義務感にかられ、でもダメだ、英語圏に来てるのに、とか自分に厳しくなる場合も多々あると思いますが、それは相手が言ってる事がわけわかんないから、という場合も多々あるし、日本語でだって話のよく通じる人がいる一方、非常に会話がかみ合わない人もいるわけなので、あんまり自分にばかり原因を求めない方がいいんじゃないかなーという話です。まあ、相手の言ってる事がわかんないのってホントにストレスなので、何とかしなきゃ、という気持ちは私も同じですが。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。