スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェー旅行(オスロ・ベルゲン)

楽しかったトロムソを後にし、Wideroe(こちら)でオスロへ。この会社はスカンジナビア航空の子会社で、Confirmationメールがノルウェー語しか書いてない愉快な会社です。だいたい意味わかりますけど。この会社の緑の機体もあるのですが、今回乗ったのはSASの機体でした。ちょっとがっかり。

オスロはいろんな情報がありますし、第一私が到着したのは22時半で、オスロを発ったのが翌日の8時なので、あまり見てないので書かないこととします。いやー、かの有名なベルゲン急行とフィヨルドクルーズに乗ってベルゲンに行こうと思ったら、あれ、12時間かかるって知らなくて。フライト取ってから知ったので、どうにもならず。でもオスロも23時近くなってもまだ薄闇なので、市内をちょっとだけ散歩してきました。

P1010224_convert_20100617033535.jpg

ベルゲンまでは、ベルゲン急行・フロム線・クルーズ・バス・列車の長旅です。チケットは個別にも買えると思いますが、私はノルウェー観光局のサイトにリンクしているFijord Tours(フィヨルドツアーズ)のこれまた有名なNorway in Nutshellをネットで買ってみました。キャンセルが事実上不可能な上、2万円近くするのでかなり緊張しましたが。チケットはオスロ駅のNSB(ノルウェー鉄道)の窓口で、メールのプリントアウトを見せるともらえます。窓口は23時15分まで開いており、私はオスロ空港からの急行列車に駆け込み乗車したおかげで、到着したのが22時半なのに間に合いました。みなさまはやらないように。やらないか。

ベルゲン急行は混んでいて、かなり満席だったのですが、途中から空いてきました。私はみんな観光客でベルゲンまで行くか、同じツアーに来ているんだと思ったのですが、途中で降りる人も結構います。実は沿線はハイキングやサイクリング(でも山道)でも人気らしく、途中駅で降りてそういったアウトドアを楽しむ人も多いようです。

ベルゲン急行は、やっぱり後半の山の中がすばらしく美しいですね。駅に少し止まる時間もあり、私を含め乗客はみんなカメラを持って急いで降りて写真を取りまくっていました。一人、悠然とタバコ吸ってる奴がいましたけど。オマエはただのタバコ休憩か。

P1010236_convert_20100617031402.jpg

これも美しかったフロム線を降りると、次はフェリーです。でも到着駅と聞いて降りても、山に囲まれた普通の駅なんです。こんな山の中からどうやって船に乗るんだ、バスの乗り継ぎとか聞いてないけどなあ、と思いつつ、人の波についていくと、前方に船が見えて、けっこうびっくりしました。

P1010259_convert_20100617031527.jpg

上の写真に写っているのは、本来乗るはずでなかったベルゲン行きの高速船です。私の乗るはずだったGudvangen行きの船はエンジントラブルとかで遅れているとのこと。アナウンスもないのでみんな係員に質問していて、私も聞き耳を立てていたところ、ベルゲン行きの船に乗ってもいい(追加料金などなし)とのこと。到着時間を聞いたら当初のルートとあまり変わらないので、来るかどうか怪しい当初の船でなく、確実にベルゲンに行けるそっちに乗ることにしました。6時間の船旅ですが、フィヨルドをずーっと通って海まで行きますし、海も通るので結果としてよかったかと。

P1010282_convert_20100617031732.jpg

でも実はその船も途中でエンジントラブルのためスピードが出ず、遅れるかもとのアナウンスが。船長いわく、「というわけなので途中の寄港地をいくつかすっ飛ばします。なので、たぶん予定時間からそんなには遅れずに着くと思うんですけど。」ってコラ。この船はクルーズ船ではないので、普通に乗る人や降りる人がいます。どうすんじゃ、と思っていたのですが、上の写真が解決方法でした。変なところで止まるなと思っていたら船がやってきて、乗客を乗せて去っていきました。大胆な。去る乗客もみんなニコニコ手を振って「バイバーイ!」って楽しそうだけどいいのかそれで。

ちなみに、ベルゲン急行で会った日本人の人とベルゲンでまた会ったのですが、彼らは当初の船で来たとのことで、予定通り来れたそうです。私はフィヨルドを長く見られましたが、彼らの話ではバスもよかったとのこと。なかなか全部を一度に楽しむのは難しいですね。

P1010336_convert_20100617031907.jpg

そしてこちらがかの有名なベルゲンです。眩しいくらいの快晴でした。こちらは観光の花形、ケーブルカーで上った高台からの写真です。

P1010338_convert_20100617032033.jpg

写真を取りまくる観光客です。ノルウェーは観光客だらけで気楽でした。写真の撮りっこもけっこうしましたし。

ベルゲンの有名な魚市場では、カニを食べてきました。見たことのないエンジ色だか紫だかのカニのハサミを山盛り売っているので、3つほど量り売りで買いました。40クローネ(600円くらい)でした。売り子のちょっと男前の兄さんが話好きでして、オマエは何をやっとるんだと言うのでイギリスで勉強していると言ったら、僕もPhDやってるんだ、とのこと。PhDをやりつつ魚も売ってるのか、と聞いたら、こもって勉強ばっかりしているとしんどいし、売り子をやっていると色んな人と色んな話ができるので、気分転換にもいいんだ、と言ってました。なるほど、いい考えだなと。

その兄さんがカニを叩き割ってくれ、ペーパータオルも入れてくれたので、近くのベンチに座って大変な勢いで食べました。あまり人様にはお見せできませんな。ちなみにとってもおいしいカニでした。カニはやっぱり食べやすい爪の部分より身に近い方が味があってウマイですよね。

この日の夕方、またNorwagianでベルゲンからガトウィックへ飛び、そのままバーミンガムまで列車で戻りました。

ノルウェーは物価が高いと言いますが、モノによってはイギリスとどっこいかチョイ高め程度のものもありました。以前、アイスランドクローネが暴落する前にアイスランドへ行き、メインディッシュ1皿6000円という生き地獄な目に遭っているので、もう麻痺しているのかもしれませんが。ただ、コーヒーとホットサンドだけでも1000円から1500円で、一人旅ということもあり軽食ばかりになってしまってちょっとしんどかったです。なので、帰りのロンドンビクトリア駅のWasabi(日本食の弁当屋)でチキンカレーを買って列車で食べました。すみませんでした、周りの皆さん。でもすごくおいしかったです。やっぱり日本人は炭水化物。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。