スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Public Policy Method(2)

最近、鴨を見かけるとオスばかりなので、メスはどこなんだろう、卵でも抱いてるのかなと思っていたのですが、今日、運河でヒナを連れたメスを発見しました。1羽は7羽もヒナを引き連れていて、か、かわいい。写真にも撮ったのですが、かなりの速さで泳いでいたため見事にブレていました。

さてPublic Policy Methodの2日目ですが、最初はWatt先生による、財務省のLinkAge Plusという調査の紹介でした。これは私の理解によれば、高齢者を対象とした様々なプログラムの効果を測定した調査です。プログラムは高齢者の生活全般の改善を目指すもので、ソーシャルライフの充実から太極拳(バランスを鍛えるのに有効なんだそうです)による転倒防止までバラエティがあります。で、例えば太極拳をやらなかった場合に想定される費用、例えば転倒による怪我の医療費、公的補助による家の改造費用などと太極拳をやった場合のベネフィットを比較する、といった調査のようです。
しかし相変わらずWatt先生、前置きが長くて話すのがゆっくりなので、結局調査全体の説明に至らず、正直、なんだかよくわかりませんでした。

次はTotal Placeのパイロット地域の評価です。Total Placeというのは、児童福祉、薬物対策、人事などなど、様々な行政の仕事がそれぞれの組織で実施されているので、統合してダブリを排し、効率化を図ろうというもので、イギリスでは13のパイロット地域で実施されており、バーミンガムもその一つです。どの分野で実施するか、どう実施するかは地域によって異なるようで、バーミンガムでは6つのターゲット分野(薬物とアルコール・組織犯罪・学習障害など)に対して実施し、今年の2月に報告書をまとめています。これが99ページもある壮大なもので、しかも飛ばし読み程度では具体的に誰が何をやったのかよくわからないというシロモノです。私は自分が役人なので、役所の文章はよくわからないという市民のみなさんの気持ちがよくわからなかったのですが、ちょっとわかりました。
この評価で使用されたのが、一番初めのモジュールで紹介されたQメソドロジーです。これを授業でやった時には、何の意味があるのかと思いましたが、ようやくわかりました。
Qメソドロジーでは、提示されるいくつもの文章を、同意の程度により参加者が分類していきます。今回の調査では42の文章、例えば「Total Placeはリスクをとる行為だ」などを参加者が強く同意する順に並べていき、あらかじめ質問者が設定したフレームにその順に放り込んでいくものです。
この手法のメリットは、私が思うに、参加者に価値の優劣をつけさせるので、特に日本人では「どちらでもない」に票が集まりがちなリッカートスケールよりも価値観がはっきり出るということではないかと思います。なるほどなと思いました。最初の授業でやった時は本当に意味不明でしたが。どこで使うのかと思いました。

2日目の最後は宿題の説明と修士論文の説明でした。1つめの宿題は、「公務の向上のために何が有効なのかを理解する手段という視点から、調査の強み弱みを分析せよ」です。ついでに「人はそれに目をつぶることで自分の仕事が成り立つ事柄に対しては、目をつぶる」という誰かの引用だかWills先生の創造だかがついています。
えーつまり、調査自体の質、つまりフレームワークの適切さ、調査対象数が十分かなどの検討ではなく、いわば調査が誤解されやすい点、実務に有効な点から分析せよ、との課題です。へえ、と思いました。

授業の後でWills先生に、この課題は生徒の多くが現職の公務員だから、実際の仕事上で役立つようにという意味で出したんですか、それとも、今イギリスで求められているEvidence Based Policy makingに役立つようにですか、と聞いたら、両方、と言っていました。INLOGOVって面白いところだなあと思いました。ある意味、これは留学生にとっても有用で、帰国後の新しい職場で役立つかもしれません。が、調査の正確性よりそういうテーマで課題を出すのが少し驚きでした。

ちなみにMartin Wills先生、左耳に小さいピアスをしています。最初の授業の時、留学生の間でもちょっと話題になりました。そういうパンクなオッサンですが、学内をいつも気難しい顔して歩いているので、ちょっと面白いです。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。