スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークニーとエジンバラその他旅行(3)

オークニーは紀元前3000年だか3500年だかには人類がいたそうで、ここの遺跡はストーンヘンジより古いとのこと。スコットランドの北というので極寒の地のようですが、当時は現在より数度暖かく、また、蒸留所のガイドさんの話では、海に囲まれているので、冬でもマイナス数度にしかならず、本土のようにマイナス10何度まで寒くなったりしないのだそうです。

リング・オブ・ブロッガー

P1000931_convert_20100509201004.jpg

スカラ・ブレイ(世界遺産)

P1000926_convert_20100509200921.jpg

ずいぶん快適そうな家だと思うのは私だけでしょうか。右のスペースはベッドで、獣毛などを敷いて使用したとのこと。壁の穴は棚として使用し、食品や道具を貯蔵していたようです。次の写真はどこだったか忘れてしまったんですよね。スカラ・ブレイはすべてオープンスペースの場所ですが、次の写真のように中が見られる遺跡もありました。施設のいくつかは有料で、4、5箇所回るのなら通しのパスもあります。

P1000919_convert_20100509200837.jpg

観光情報やマップは、空港に立派なパンフレットがいくつも置いてあって、それを元に回りました。下の写真はイタリア教会です。先日の聖マグナス教会でビデオを見せてくれた教会の人が「必見ですよ」と言うので見に行きました。

P1000939_convert_20100510211510.jpg

P1000940_convert_20100510210933.jpg

内部はこんな感じなのですが、実は天井の模様とか、ほとんどが絵なんです。絵を取ると、ただの白い漆喰の壁になります。第二次世界大戦のイタリア軍の捕虜が、祈りの場がほしいというので兵舎を改造し、その中の画家がタイルから壁の彫刻から、すべて手描きで描いたんだそうです。ちゃんと陰影もつけているので、ちょっと見だと結構だまされます。必見かどうかはわかりませんが、すごいことは間違いありません。ちなみにこの教会の手前にオークニーワインの小さい店があって、親切な兄さんがいるのでよければ寄ってやってください。

さてやはり鳥の話もしますと、こんなのも見ました。

P1000958_convert_20100511081904.jpg

堂々としておりました。キジもよく見かけますが、多いのがオイスターキャッチャーという鳥です。黒い頭に赤いクチバシなので目立つ鳥で、草原からぴょこぴょこ頭が見えるのでなかなかかわいいです。写真はとれませんでしたが。

あと、北西の海岸で、アザラシも見ました。遠いのでこれも写真は撮れませんでしたが、すごい強風の寒い波打ち際で、数えたところ13頭がゴロゴロとリラックスしていました。さすがはアザラシ。ビチビチと跳ねたりしているのですが、エビに似ていると思うのは私だけでしょうか。

また、春は子羊が生まれる時期なので、かわいい子羊がわんさといました。えらくこっち見てますけど。羊は体に番号が描いてあります。

P1000916_convert_20100511083040.jpg

何頭もの子羊が幼稚園のように群れて遊んでいたりして、かわいかったですね。大人の羊は、かなり肝の据わった顔してますけど。

オークニーでは他にハイランドパークというスコッチの蒸留所見学に行きました。カメラを車内に忘れたので、またしても写真がないのですが、面白かったです。以前、グレンフィディックの蒸留所の見学もしましたが、こちらの方が素朴に作っている印象です。モルトの発芽も床に敷いてやっており、それも間近で見られて面白いです。
もちろん試飲がついていて、ここのスコッチはやはりピートを使っているのでケムリ味ですが、アイラ島ほどではない印象です。また、ガイドの人が「味を活かすには生で飲まないといけないという人もありますが、好きに飲んでいいですし、水を数滴入れると味が変わりますよ」と言って水を勧めてくれたので、少し入れてみましたが、ぐっとマイルドになって飲みやすくなりました。勉強になりました。

オークニーは3泊しましたが、市内見学に半日、小さい島ですが島と遺跡めぐりに2日弱で、のんびり回って私たちにはまあちょうどでした。本当は他の島へも行きたかったですが。他の島へはフェリーと飛行機があり、夏の間は急ぎ足ですが全部の島をめぐるツアーもあるようです。
島を結ぶ飛行機はLoganAirで、往復20ポンドくらいからで乗れます。安。ただし安い料金は、その島で1泊が必要、などの条件があります。
2010年の料金はこちら(PDF)今年の時刻表はこちらです。(PDF) 

搭乗の20分前がチェックインの締め切りだそうです。さすがは島のフライト。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。