スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけ2

ところで今回、帰国の前にブダペストへ1泊2日で寄り道してきました。ヘブリディーズからグラスゴーに車で下り、レンタカーを返却して空港で祝杯をあげた後ロンドンまで飛び、ルートンに1泊、そしてブダペストへ。
アメリカの友人(日本人)がちょうどハンガリーで同時期に休暇だというので、ちょっと寄ることにしました。帰国便がフランクフルト経由なので、もうあちこち行ったり来たり。

フライトはWizzというハンガリーのLCCに乗ってみました。今回、バーミンガムからグラスゴーはFlybe、グラスゴーからルートンはeasyjetで、LCCに4回乗るというambisiousな旅程でして。

☆Wizzでショックだったこと
チケット購入後にサイトを見たら1日限りのセールをやっていて半額だった(対策:見ない)

☆Wizzでいやだったこと
LCCなので沖止め(ゲートからボーディングブリッジで行くのではなく、滑走路の敷地内をバスや徒歩で飛行機に行くやつ)(ブリッジの使用料が節約できる)(元空港担当)なのですが、なぜかゲートが開いたのに乗れず、滑走路に降りるための階段の途中でみんな30分以上待たされました。しかも階段なのでやたら暑く、後ろの若い女の子達は旅行でハイなのかキャアキャア大はしゃぎという試練。
ちなみに行きも帰りも30分くらい遅延しました。暇だからいいけど。

☆Wizzでよくわからんと思うところ
今回LCCに4回乗りましたが、荷物を1コにしろと言われたのはWizzでロンドン行きに乗るゲート前だけでした。係員が回ってきて、私のウエストポーチをキャリーに入れて1コにしろ、と言いましたが、確認もせずそのままどこかへ。入れなかったらゲートで再度言われるのかしら。(今回、LCCが多いのでキャリー1個で旅行しました。液体等も別容器に移し、荷物も工夫しました。けっこうプレッシャーでしんどかったです。途中買ったおみやげは別に送ったし、、、今後はあまりやりたくない、、、)

☆Wizzで面白かったところ
一つ目は小商いなところ。Wizzは有料のWizz Discount Clubに入ると、年会費を差っ引いても安くチケットが買えます。1年間有効でお得!とか言いますが、使わない、、、。また、無料機内持込荷物のサイズが異様に小さく、9ユーロ程度の追加でキャリーサイズにできます。チケットの値段を上げず、こういうところで小商いするのが何とも。
二つ目はWizzと関係ありませんが、イギリスの紙幣でもスコットランド銀行の発行するやつは、勿論ポンドですが、絵柄も異なり、昔はイングランドの小さいパブなどではよく受け取り拒否されたそうです。今回、うっかりヘブリディーズで外貨を下ろしたら、全てスコットランド紙幣(あたりまえ)。Wizzの機内で飲み物買おうとしたら「僕はいいけど、銀行が受け取らないんだよねー。」と断られました。現金が少なかったのであぶなかった、、、

☆最後 Wizzでおいしかったもの
DSCN0258_convert_20150818004241.jpg
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。