スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイス島へ

さて懐かしのバーミンガムを出発してFlybeでグラスゴーへ。空港近くで1泊して翌日空港に戻り、レンタカーして一路、ルイス島へのフェリーが出るUllapoolへと北上します。

どうでもいいのですが、googleマップは所要4時間半というのですが、行けども行けども着かない。後でよく見たら、平均時速80キロ算定でした。もう信用しない。
あと、夏のハイランドは観光シーズンのため、思いのほか車が多く、時折渋滞するので、時間は多めに見ないと危険だと今回よくわかりました。結局、フェリーのチェックイン時間に20分遅刻しましたが(出発からは25分前)、たいへんすんなり乗れました。途中あきらめて宿のキャンセル料払ってインバネスに泊まることも何度も考えましたが、「いや、イギリスはヒューマンエラーに寛容」と言い聞かせ、頑張って飛ばしていった甲斐がありました(スコットランドはけっこう制限速度60マイル(時速96キロ)です)。それはオマエのエラーだろという意見は聞こえないこととします。

本土とアウターヘブリディーズを結ぶのはこちらのフェリーです。
Caledonian Macbrayne

本来、ルイス島・ハリス島に車で行きたいのなら、インバネスから行くのがUllapoolまで1時間程度なので便利です。
遠いグラスゴーから行ったのは、Hopscotchという島巡りチケットにして、ルイス島からハリス島へ下り、スカイ島へ渡り、さらに本土にフェリーで渡ることにしたからです。別に船好きではありませんが(飛行機好き)、Ullapoolからルイス島のStornoway往復が車も一緒だと120ポンド近くし、往復だけでそれか、と悩んでいたら、島巡りチケット(3回乗る)が同額くらいだったので、それにしてみました。
オンラインでチケットが買えますが、同時に船の便の予約が必要なので(後で変更はできる)、一応旅程を考えてから買います。オンラインで発券はできず、現地のチケットオフィスで予約番号見せて引き換えだそうですが、私がダッシュで乗船用の駐車場へ突入したら、交通整理の係員が既に手に持っていました。さぞ「コイツ来ねーなー」と思っていたことでしょう。

カレドニアンは思ったよりずっと快適で、特にUllapoolから出るのはけっこう豪華客船で大変気に入りました。船内の写真はこちら。



DSCN0177_convert_20150727220400.jpg

こういう船の前面にある展望席はのんびり行ったら既に満席でしたが、周囲にハイランドの絶景が広がり、それを眺めつつのんびりフェリーで旅行とは贅沢だなーと思いました。
船内にはそれなりの食事が食べられるレストラン(でもカフェテリア形式)と、軽食やコーヒーが買える売店があります。(写真は売店)

DSCN0247_convert_20150728195132.jpg

ハイランドは観光シーズンなので家族連れも多く、子供たちが走り回っていますが、大きい船だとガラスで区切られたQuiet Loungeがあって、そこは物音禁止でのんびりできます。もちろん、子供向けの遊び場もありますし、なぜかゲーセンがあります。

DSCN0179_convert_20150728194841.jpg

私はレストランでラザニアを食べ、Quiet Longeでコーヒーを飲みつつのんびりしました。優雅。その前まで、コドモみたいに船内中を探検していたことは秘密です。Stornowayまでは2時間半ですが、あまり長いと感じませんでした。冬など海が荒れて欠航したり大変みたいですが、波が穏やかだと実に快適です。また乗ってもいいです、カレドニアン。ヘブリディーズに行かなきゃなりませんが。

DSCN0253_convert_20150728195326.jpg
※車は前進駐車・前進で下船。ありがたや。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。