スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導教授が来日しました

12月の初めに、INLOGOVのBovaird教授が、奥様のDr.Lofflerとご一緒に来日されたので色々お手伝いをしておりました。主な業務としては、2人分、70枚の英語のプレゼンを翻訳しておりました。やっぱり内容が非常に面白いので基本的に楽しい作業だったのですが、物量と締め切りの面でしんどかったです。しかも折悪しく、12月議会の質問の直前でこれまた忙しくて。公務員以外の方は、議会というものが、たとえ地方議会であってもいかに膨大な労力と時間を費やすか想像できないと思いますが、ともあれ、その時に議会さえなければ翻訳どころか、東京案内から何から何までやったんですけど。それが残念です。

大変言い忘れましたがワタクシ明治大学専門職大学院ガバナンス研究科の卒業生の端くれなのですが、明治大学ガバナンス研究科とバーミンガム大学INLOGOVは結構関係が深く、今回の来日も明治大学の招聘です。そして私の明治での指導教授がメインホストとなって獅子奮迅の働きでした。指導教授2名が関係するイベントに、私がガンガン働かずに済まされようか、いや済まされない(反語)。ホテルにお迎えに行ったり、お昼をごちそうになったり、通訳の方と打ち合わせをしたり、その場で質問票を訳したり、河豚をごちそうになったり、新橋のガード下で飲んだり(おごり)。おごってもらってばっかしなような気も。

今回の講演のテーマは”Co-production"で、日本で少々使い古された用語を使うと「協働」です。
面白いと思った点は色々あるのですが、基本的にサービスユーザーの関与は、公共サービスの提供においてもはや必須のものである、という彼ら(Bovaird先生とLoffler博士)の主張です。その理由はいくつかありますが、ひとつには、今までのイギリスの「効率性偏重」、ベストバリューなどにおいては、「質の高いサービスを行政が効率的に提供する」を目指していたのですが、「質の高さ」は役所が考えるんじゃなくて、使う人が判断するのがスジでしょ、つまりユーザー参加が必須、という点です。
市民参加型の行政評価というものはあるのですが、これがいいなと思うのは、「一般市民」に「一般的に」判断してもらうのではなく、実際のユーザーが関わる点です。

話が飛びますが(いつも)、私事で恐縮ですが、今年身内に病人が出まして、けっこう色々と慌てた一年でした。で、病人を身近にもって思うのは、やっぱりその立場になってみないとわからないことは沢山ある、てなことです。まあ、このトシになって気づくことでもないような気もしますが。だから病人をもつ家族の必要とするものは、病人のいる家族に聞かないとわからないし、遣い勝手も同じです。ちなみに、役人のワタクシが言うのもたいへん何ですが、役所がよかれと一生懸命考えた、例えば福祉や雇用、教育のサービスでも、「がんばって作ってくれたけどすごーく違う」と思うことって沢山あるのではないかと。つまり、行政が「質の高いサービスを効率的に提供する!」を目指して行政改革に邁進しても、実際のユーザーが判断しないと意味ないのでは、ということです。

これが一般の消費財やサービスであれば、質が悪ければ売れないという結果が出て、つまりマーケットが判断しますが、公共サービスにはそれがありません。だからこそ、直接のユーザーの関与や評価が必要なのではないかと。

と書いているうちにやたらと冷えてきましたのでひとまず区切りとします。連休中は寒波の予報で、いやになりますね。って、イブに三文ブログなんて書いてていいのか。まあ、続きはあるかわかりませんが、面白かった点はまだあるので、忘れないためにもできるだけ書いておこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。