スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルのcode

それほど効果的というわけではないようにも思いますが、ホテルにはディスカウントコードとかクーポン(どうもアメリカではプロモーションコード(プロモコード)といい、イギリスではディスカウントコードというような気がします)(気のせいかも)というのがあり、これがちゃんとしているとホテルを安く予約できます。コードと言うのは大体5、6文字程度のアルファベットと数字の羅列で、ホテルのオフィシャルサイトで予約する時に、よく見ると大抵クーポンコードを入れる欄があるのですが、ここにそのコードを入れると、次の画面で料金がぐっとお安くなって出てきたりします。

どっかで聞いた話では、もともと、ホテルの会員限定のプロモーションとして会員宛にメールで知らされたりするコードがネットに出ているとか。よくは知らないのですが。

ちゃんとしているってどういうことかと言うと、ネットに出ているコードは使えないのが実は結構あります。ディスカウントコードで検索するとそういったコードを集めている色んなサイトが出てきますけど、目当てのホテルのコードがなかったり、サイトに登録しないと見られなかったり、期限切れだったりして、使えないコードが多いんですよね。

なのでコードを調べて入れても大概ハズレなのですが、たまにちゃんとしている場合があって、私は確かバースのヒルトン、そしてベガスのウィンホテル(最高級という話)は半額以下で泊まりました。ベガスは景気が悪いこともあって、ベガスのホテルのコードは逆に大体は使えるという印象です。保証しませんが。

ホテルのオフィシャルサイトで予約できるので、私の愛用のHotwireのようにベッドタイプが指定不可で、運が悪いと(良いと?)ただの友人なのに2人でラブラブキングベッドなんてことはなく、激安なのに部屋タイプもちゃんと選べるのがいいところだと思います。ただ、使えないコードが大半で、探すのがもともと面倒くさいので、凝り性の人向けではないかと。

あと、ホテルのオフィシャルサイトの正式なプロモーションが普通にかなりお買い得だったりすることもあるので、コード探しに血道をあげる価値はどれくらいあるのかなあとか。私はざっとひととおりやりますけど。それが楽しいので。マニア。

スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。