スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文執筆中

論文で首が回りません。締め切りは9月1日なのですが、聞くと実は他の学部は9月の第3週の締め切りが多い模様。何でウチだけこんなに早いのか。教授連の都合に違いない。
普通の学部は6月初旬には試験などが全て終了するので、たっぷり3ヶ月以上、論文だけ書けばいい時間があります。こちらはモジュールこそハードではないですが、何しろつい先日までエッセイがあったりする上に締め切りが3週間以上早いので、意外とラストに追い込みを強いられます。そして教授連はみんな夏休みで8月はまるまる不在。これはウチだけでなく、大学全体で共通の現象なのでみなさん気をつけてください。友人の指導教授は、8月はずっとインドにいるのでネットが使えないから7月中にだいたいの完成原稿を出してね、という無茶振りの人もいます。が、それにしても1日が締め切りってどういうこと。
ま、そんな文句も言っていますが、私も締め切りに相当追い込まれないとやらないタイプなので、3ヶ月余裕があろうが、2ヶ月以下だろうが、たぶんやってることは同じだと思うんですけど。

論文は長いのでプルーフリーディングの時間もそこそこ見なければなりませんが、ネットで業者に頼むと2日でやってくれます。原稿はメールに添付して送って、できましたのメールが来たらリンクから完成原稿をダウンロード。便利な世の中になりましたねえ。高いけど。私が頼もうと思っている業者では15000ワードで270ドルくらいです(カナダの会社だからドル建て)。でも日本の業者より断然安いので、もうこっちで散々英語を使っている人は、海外の会社をお勧めします。学生のバイトに頼むとさらに安いですが、3000字のエッセイでも3、4日かかるので、10日は見ないといけないかな、と思って考えていません。

さて、今日も頑張らないと。何しろ明後日からチリへ行くので。ええ、あの南米大陸にあるチリですとも。何でじゃと皆に聞かれるのですが、まあ、はずみです。友人がいるので一度行きたいと思っていたのですが、こんなに首が絞まっているとはチケット買った当時は思わなかったもんで。もちろんノルウェー同様、パソコンを背負っていきます。次回は南半球からお届けするかもしれません。南米まで行っても論文の話かもしれませんが。
スポンサーサイト

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

lc630

Author:lc630
2009年からバーミンガム大学大学院に留学をはじめました。これからバーミンガム大学を目指す方・40歳を超えて留学しようという方のために、おぼえがき的に少し残しておこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。